Download NHKプロジェクトX|第064回「逆転 田舎工場 世界を制す」~クオーツ・革命の腕時計~
NHKプロジェクトX|第064回「逆転 田舎工場 世界を制す」~クオーツ・革命の腕時計~
NHKプロジェクトX|第064回「逆転 田舎工場 世界を制す」~クオーツ・革命の腕時計~
※音ズレ等や画像の乱れが生じることがあります。 NHKプロジェクトX|第064回「逆転 田舎工場 世界を制す」~クオーツ・革命の腕時計~ ...
※音ズレ等や画像の乱れが生じることがあります。 NHKプロジェクトX|第064回「逆転 田舎工場 世界を制す」~クオーツ・革命の腕時計~ セイコーホールディングス株式会社 Seiko Holdings Corporation Seiko logo.svg Ginza-WAKO 2012.JPG 銀座和光(旧・服部時計店、セイコーホールディングスの登記上の本店) 種類 株式会社 市場情報 東証1部 8050 略称 セイコーHD 本社所在地 日本の旗 日本 〒105-8505 東京都港区虎ノ門2-8-10 虎ノ門15森ビル 本店所在地 〒104-8129 東京都中央区銀座4-5-11 (登記上の本店・銀座和光内) 設立 1917年10月29日(1881年創業) 業種 精密機器 代表者 服部真二(代表取締役会長兼グループCEO) 中村吉伸(代表取締役社長) [1] 資本金 100億円(2013年3月31日現在) 売上高 連結2,837億円、単体87億円 (2013年3月期) 純資産 連結408億円、単体247億円 (2013年3月31日現在) 総資産 連結3,553億円、単体1,621億円 (2013年3月31日現在) 従業員数 連結14,712人、単体95人 (2013年3月31日現在) 決算期 3月31日 主要株主 三光起業 16.4% 服部禮次郎 8.7% 服部真二 5.5% (2013年3月31日現在) - 提供番組[編集] ゆく年くる年(全民放テレビ局同時ネット) - 1956年(昭和31年)-1988年(昭和63年)まで提供。2008年(平成20年)にはFMラジオ放送(ただし、TOKYO FM制作・JFN系列局のみ)で復活。 ミクロイドS(NETテレビ) - 1973年(昭和48年)に放送された一社提供アニメ。冠協賛題名「セイコー・プレイハウス」が付いており、オープニングキャッチも存在した。なお前番組『デビルマン』や次番組『キューティーハニー』も同じかは不明。 セイコーホームシアター"S"(NETテレビ→テレビ朝日) - 一社提供の海外ドラマ枠。『ロックフォードの事件メモ』などを放送。 サウンド・イン"S"(TBS) - 一社提供の音楽番組。1974年(昭和49年)-1981年(昭和56年)。なお2014年(平成26年)9月28日には復活特番『サウンド・イン"S" 音楽のじかん』を放送したが、この時も一社提供だった。 SEIKOワールドドキュメント(日本テレビ) - 一社提供。 SEIKOグルメワールド 世界食べちゃうぞ!!(日本テレビ) - 一社提供。 松下奈緒 Sound Story(TOKYO FM)- 一社提供 JET STREAM(TOKYOFM制作・JFN系列38局フルネット)-日本航空との2社提供。 SEIKOプロ野球フラッシュ “ニッポン放送ショウアップナイター最前線”(ニッポン放送) SEIKO ハロー!ミュージック・シティ(東海ラジオ放送)- 1977年度[10]と1978年度[11]のナイターオフ期間中に、(東海ラジオを含む)全国9局ネットで放送[12] [icon] この節の加筆が望まれています。 広告出演者[編集] 現在 ダルビッシュ有 - BRIGHTZ 綾瀬はるか - LUKIA(2014年9月~) 佐々木希 - TISSE(2009年~) 過去 菅野美穂 - LUKIA(2008年~2010年) 黒木メイサ - LUKIA(2011年2月~2012年9月) 武井咲 - LUKIA(2012年10月~2014年8月) 関連項目[編集] 株式会社和光(銀座和光) - 子会社。銀座の時計台ビルで有名。 後楽園球場 東京ドーム 明治神宮野球場 007 - ジェームズ・ボンドの秘密兵器として『007 ユア・アイズ・オンリー』や『007 オクトパシー』などに出てくる。 東京オリンピック (1964年)(オフィシャルタイマー) 札幌オリンピック(同上) バルセロナオリンピック(同上) リレハンメルオリンピック(同上) 長野オリンピック(同上) ソルトレイクシティオリンピック(同上) 東京ディズニーリゾート(公式スポンサーであり、以下の施設を提供していたが、2006年(平成18年)9月3日付で契約を解消した。) 東京ディズニーランド - ニューセンチュリー・クロックショップ(現、ハリントンズ・ジュエリー&ウォッチ) 東京ディズニーシー - ロミオ・ウォッチ&ジュエリー(現、ヴィラ・ドナルド・ホームショップ) スーパーアグリF1チーム(公式パートナー) 世界陸上競技選手権(オフィシャルタイマー、1987年大会以降2013年大会まで13大会連続担当。2015年大会から2019年大会も担当予定) 世界陸上大阪(2007年開催) スーパー陸上→ゴールデングランプリ川崎(セイコーが冠協賛) トゥールビヨン〜時の仕掛人〜 (2008年、BSジャパンで放送の機械式腕時計の専門番組) 小泉吉宏 - 同社グループの企業イメージCM「一秒の言葉」のコピーを担当した。 - プロジェクトX〜挑戦者たち〜 PROJECT X 〜Challengers〜 ジャンル ドキュメンタリー 放送時間 火曜日 21:15 - 21:58(43分) 放送期間 2000年3月28日 - 2005年12月28日(191回) 放送国 日本の旗 日本 制作局 NHK プロデューサー 今井彰(制作統括) 出演者 国井雅比古 久保純子 膳場貴子 他 ゲスト2名 ナレーター 田口トモロヲ 音声 ステレオ放送 字幕 文字多重放送 オープニング 中島みゆき「地上の星」 エンディング 中島みゆき 「ヘッドライト・テールライト」 - 番組フォーマット[編集] 放映時間[編集] 日本時間の毎週火曜日午後9時15分 - 午後9時58分。再放送は水曜日深夜(木曜日未明)午前1時10分から午前1時53分まで。BS2でも月曜日夕方(不定期)午後5時15分 - 午後5時58分に放送。 NHKワールドTV、NHKワールド・プレミアムでも放送(NHKワールドTVは副音声英語による2ヶ国語放送)。 なお、最終回(2005年12月28日)は、通常の火曜日ではなく水曜日に移し、午後7時30分 - 午後10時(途中、午後8時45分 - 午後9時15分はニュースによる中断を挟む)での2部構成で放送。 アンコール[編集] 2001年後期以後、過去に放映され再放送の要望が多かった作品が、3、4週おきにアンコールとして放送された。その際、オープニングの司会挨拶部分等、新たに収録や取材した物を交えた再構成版として放映される。番組後期にはこのアンコールが1ヶ月以上(時には2ヶ月)続いたこともある。2000年度は予告で「○○のドラマを再びお届けします」と、アンコール放送であることがわかる表現をしていたが、後期にはこれも一切なくなる。 2004年度には、毎週日曜日にBS1で『特選 プロジェクトX〜挑戦者たち〜』と題して過去の物を放送していた。 また、2005年10月4日からは原則毎週火曜日午後4時5分〜午後4時50分にアンコールアワーとして、過去に放映された物から好評を得たテーマを再構成して放送していた。 NHK総合「NHKアーカイブス」でも2010年から年に1~2回の頻度で再放送されている。 2010年11月14日「わたしが選ぶあの番組(2)~安藤忠雄~」にて2001年3月6日放送「えりも岬に春を呼べ~砂漠を森に・北の家族の半世紀~」を放送。 2011年8月28日「世界自然遺産・屋久島 〜森と共に生きる〜」にて2000年12月5日放送「伝説の深き森を守れ~世界遺産・屋久杉の島~」を放送。 2012年5月20日「東京タワーからスカイツリーへ “希望”の時代からのメッセージ」にて2000年9月5日放送「東京タワー 恋人たちの戦い」の一部を放送。 2013年12月22日「響け!歓喜の歌 “第九”に込めた思い」にて2003年10月14日放送「第九への果てなき道 〜貧乏楽団の逆転劇〜」を放送。 2014年5月18日「ゴジラからのメッセージ」にて2001年1月23日放送「ゴジラ誕生 〜特撮に賭けた80人の若者たち〜」を放送。 2014年10月12日「シリーズ1964 第4回 モノづくり大国への道〜新幹線を生んだ技術者魂〜」にて2000年5月9日放送「執念が生んだ新幹線~老友90歳・飛行機が姿を変えた~」を放送。 2011年11月4日には、青森放送局「開局70周年記念 NHKが伝えた青森」内で2000年4月11日放送の「友の死を越えて~青函トンネル・24年の大工事~」が放送された。 オープニング[編集] 毎回異なるテーマを放送する番組であるため、『プロジェクトX』のタイトルのCG(インフェルノで作られている)の後、各回のキーワードとなる映像が主題歌に合わせて流れる。オープニングは、映像と曲に合わせて文字(書体は写研の石井横太明朝体)が流れる、独特なものである。 主題歌は、放映当初より変わらず中島みゆきの「地上の星」(第1回〜11回、12回〜45回、46回〜で、それぞれ微妙にメロディーが異なる)。中高年男性の支持を背景に、記録的なロングヒットとなった。 エンディング[編集] エンディングテーマは、やはり中島みゆきの「ヘッドライト・テールライト」(3番が使用される)。プロジェクトに係わった人々のその後を追いつつ、最後はスタッフロールとなる。 次回予告[編集] 通常は30秒。一月分のラインナップの紹介を含めて60秒の場合もある。「日本初のマイカー てんとう虫町を行く」と、最終回スペシャルの次回予告は60秒であった。 2000年3月 - 2001年9月:国井雅比古・久保純子 2001年10月 - 2005年12月:国井雅比古・膳場貴子 久保が育児休暇を取るために降板し、代わって膳場が担当。 全員、当時はNHKアナウンサー。 番組スタッフ[編集] 制作統括:今井彰(プロデューサー) 十数名のディレクターがおり、各回原則1人が担当し、3〜4ヶ月で取材・構成・編集等を行う。他にも多くのスタッフが製作に関わっている。 語り:田口トモロヲ NHK以外での放送[編集] 2005年4月以降は、ヒストリーチャンネルにより、放送済みのタイトルの中から一部の放送を開始しており、スカパー!やケーブルテレビ等にて視聴できる。 2011年6月28日からチャンネル銀河で放送を行い、2012年4月に終了。 DVD[編集] 複数の版が出ており、直近に発売されたのは30巻のものである。 放送一覧[編集] 詳細は「プロジェクトX〜挑戦者たち〜の放送一覧」を参照 各国での放送[編集] 放送は世界30ヶ国で行われている。 いままでに英語、ロシア語、アラビア語、スペイン語に翻訳された。 イラクでは、地元の復興を願う地元のテレビ局がアラビア語版を2005年12月28日までに6本放送している。 ベトナムでは、映画館でも上映された。 日本政府は2006年11月7日、本番組を始めとした360番組の放映権を中華人民共和国に無償提供する。 パロディ[編集] 本番組のタイトルの名前が漫画や個人ホームページのフラッシュなどでパロディとして使われることが多く、プロジェクト○(○の中には「×」(バツ)や「メ」(め)などが入る)などといった例が存在する。アダルトビデオですら用いられた例もある。 フジテレビ系列『ココリコミラクルタイプ』では、コント内で『プロジェクトA』というパロディが行われた。 チャンネルBBで、『プロジェクトBB』という番組があった。 テレビ東京系列『空から日本を見てみよう』では、『くもジェクトX』というタイトルに変えられた。 番組を演出するナレーター・田口トモロヲの語りが特徴的であったため、しばしばその語り口調もパロディとして使われる(NHK、民放問わず)。 松村邦洋は、田口のものまね
Show more
Loading...
You are about to download a video in MP4 format.
If you'd like to adjust the format or resolution, just select it here
Download
Download has already started, please wait 10 Seconds
Youtube Vimeo Metacafe Flicker Photobcket Dailymotion Google video Youku 56.com Break Ustream Xhamster Wat Wrzuta Worldstarhiphop Web of Stories Washington Post Vk Vidme Video Mega Videa Viddler Vee HD Twitter Facebook USA Discovery
Loading...